FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17歳の時、母親の用事で、ある不動産屋に
ついていった
ここで私が働けないか聞いてみようと
母が営業の男性に直接聞いた
わたしも雇ってもらいたいとおもってた

その人が、事務員なら募集してますよ

わたしは内心、どうしよう事務なんてできそうにない 急に怖気付いて うつむくしか
なかった

母が はあ〜とがっかりしたようにため息をついて
ちょっとこの子にはねー…事務なんて
出来ないわー
なんか掃除とかならねー

相手の人 すみません 今はそれしか
なくて

わたしは恥ずかしさと屈辱感で
ずっとうつむいてた
顔がカーッと暑くなったの覚えてる

もう言わないで お願いって思った

惨めさで一杯と母親の期待に添えない
自分に腹ただしかった
帰りは何も話さず、とぼとぼ歩いて
帰った

あんな辱めを受けてるのに
自分に腹ただしいなんて
どれだけ理不尽に扱われていたんだろう
自分の手足にさせるために
わざと人前で恥をかかせる
母親なしでは不安になるようにさせる

じわじわきてる悔しさ
忘れないようにしなきゃいけない












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かめ

Author:かめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。